【現役美容師】手荒れが酷くても6つの対策して良くなる【痛くて箸も握れない】

フリーランス美容師
スポンサーリンク

手荒れがひどすぎて生活が辛いです。
何か良い改善方法や対策方法はないですか?

 

ユウ
ユウ

こんにちはユウ(@HairdresserYuu)です。

手荒れがひどくて美容師を辞めるのというのは僕も昔アシスタント時代によくありました。
ひどい時には箸も握れなかったです。
でも今では手荒れがほぼ治って、今でも美容師をしているのでその経験からお話ししますね。

 

 

✔本記事の内容

  • 手を搔かない
  • 保湿は手を洗った時やカサカサになってる時はすぐに保湿
  • 生活の改善
  • お風呂は薄い手袋して入る
  • 寝る前は布手袋でケア
  • 切れてるところは保護フィルム、絆創膏を使う

 

✔本記事の信頼性
  • 16年美容師をして10年近く手荒れに悩まされた経験があります。
  • 今ではほぼ治り普通に生活出来ています

 

少しカサついたりはしてますがほぼ治りました。

結論、当たり前の事もありますがこの6つが僕が手荒れ経験した時に実践したことです。
すぐは治りませんでしたが、徐々に改善をしていけば良くなります。
それでは解説していきます。

 

スポンサーリンク

手荒れがひどくて6個の対策をしました

手をかかない

手荒れになった時に必ず痒くなり、ひどくのがわかっていてもかいてしまいます。

痒くなったら無意識にかいてしまうのは仕方がありませんが、これは忍耐との闘いです。

寝てる時とか特に辛かった記憶があります。

痒くなりかきまくると必ず後悔します。

 

保湿は手を洗ったり、洗い物をした後は必ず保湿

これも手荒れや乾燥する人には基本中の基本ですが、意外と忘れることがあります。

でもこれを怠らずに必ず保湿しましょう。

いつも使ってるのは皮膚科でもらう保湿剤です。


 

ハンドクリームも使いますが最近だとこれも良かったです。

あまりベタベタせず臭いも抑えめです。

生活の改善

✔睡眠は7時間前後

遅くまで夜更かしをして寝て睡眠時間もしっかりと取れていませんでした。

完全に夜型の生活だったので睡眠時間も短かったです。

夜の3時くらいに寝て7時に起きていたので平均4時間くらいであまり足りていませんでした。

 

「8時間睡眠」の誤解。健康リスクが低い睡眠時間は?

「睡眠は人生の1/3を占める」と言われることが多いですね。単純に計算すると24時間の1/3=8時間ということで、「8時間睡眠」という言葉をよく耳にしたり、8時間の睡眠が標準的あるいは理想的と思われがちです。しかし、実際のデータと照らし合わせると、少しちがった結論が見えてきます。
私たちの睡眠時間には個人差があるため「何時間眠らなければいけない」ということはありません。グラフの通り、成人の場合、一般的に死亡リスク・生活習慣病リスクが低いのは、睡眠時間7時間前後であると言われています。

眠らない民族・日本人の理想的な睡眠時間

日本人は睡眠時間が世界でも最も短いという統計があります。
とはいえ、睡眠時間は長ければいいというものでもありません。多くの人の睡眠時間は、状況や環境に応じて短くも長くもなり、また、睡眠時間は年齢により変化していきます。
下の図で年齢別の睡眠時間をチェックしてみてください。

8時間が理想なのは根拠がないいたいなのでみたいですが平均7時間くらい寝れば大丈夫みたいですね。

健康には手荒れにも睡眠は大事です。

 

✔食事の改善

食事も仕事が忙しいのを理由に毎日コンビニのご飯や、カップ麺、お菓子、ジュースばかり食べていました。

しかも食べる時間も夜中にしょっちゅう食べていたので最悪でした。

やはり手荒れにも食事が大事です。

やはりしっかり3食朝、昼、夜に食べて感触を減らす。

バランス良い食事はこちらに載ってます。

「食事バランスガイド」について:農林水産省

カップ麺辞めたら本当に良くなりました。

不摂生は手荒れにも大敵です!

 

お風呂は薄い手袋して入る

お風呂に入る時はこのロイヤルタッチをしっかり付けた状態で入っていました。

これでかなりリスクを回避できていました。

手袋に関してはこちらで書いてます。

【現役美容師が使う】手荒れの人にはプロ用の手袋がオススメ【コロナ対策】
手荒れにの人向けのオススメの美容専門の手袋を知りたいですか?本記事ではタイプ別に、価格重視、万能型、手に優しい、ゴム手袋が苦手の4つを解説しています。家の作業に手袋が必要な方は是非ご覧ください。

 

寝る前は布手袋でケア

これはかなり重要です。

僕の場合かなり症状がひどかったので、毎日夜寝る前にこのステロイドの薬を塗って布の手袋をして寝ていました。

手荒れがひどい時は仕方ないですが、ステロイドなのであまり多用することは体にも良くはないです。

自分の症状の様子を見ながら使いましょう。

布手袋は保湿にはかなりいいので手をケアするのには必須でした。


 

切れてるところは保護フィルム、絆創膏を使う

この2つはあまりケチらないで使った方が経験上良いです。

普段薬とかは付けれないにでこういった保護するものはひどくならないように必ず使って下さい。

 

✔保護フィルム

☑指先に貼りやすい形状

理美容師さんをはじめ、プロの手荒れに大変ご好評いただいている「プロ仕様 手荒れ保護フィルム フィットバンN」と同じ0.03mmの極薄フィルムで目立たない

☑水に強い

40枚入:980円(税別)


これは目立たないので普段の仕事の時や、家事をやる時にもかなり活躍してくれます。

少し高いのがデメリットですがかなり剥がれにくくて目立たないので有能でした。

ひどい時にはしっかり指を保護してくれるので安心です。

 

✔絆創膏

 

保護フィルムが高いと思う方は、安い絆創膏は止めて少し良い絆創膏を使って下さい。

安い絆創膏はすぐに剥がれて逆にコスパが悪いです。

ピッタリくっつき剥がれもしずらいですし。

色んな絆創膏を使いましたがこれにいきつきました。

手荒れは治りましたが、このケアリーブケガした時でも今でも愛用してます。

手荒れだけでなく普段の救急用にもあると便利です。


まとめ:手荒れがひどくても対策をすれば治る

色々と基本的な事から、実際に使ってきたものを紹介してきました。

手荒れで悩む人は美容師だけでなく水仕事をする人すべての人に起こります。

もう一度言いますが

  • 手を搔かない
  • 保湿は手を洗った時やカサカサになってる時はすぐに保湿
  • 生活の改善
  • お風呂は薄い手袋して入る
  • 寝る前は布手袋でケア
  • 切れてるところは保護フィルム、絆創膏を使う

の6つを押さえて手荒れが治るようにしっかり頑張っていきましょう

最後まで読んで頂き本当にありがとうございました<m(__)m>

コメント

タイトルとURLをコピーしました