【緊急事態宣言】感染を防ぐには美容室は勇気を持って休業するべき

フリーランス美容師
スポンサーリンク

こんにちはユウ(@HairdresserYuu)です。

 

新型コロナウイルスの感染拡大を受けた政府の緊急事態宣言を受け、8日発行で7都府県に緊急事態宣言が発令された。

 

このように4月8日に「緊急事態宣言」が発令されました。

海外の対策に比べ日本の対策は中途半端なものだと個人的には感じました。

ニュースを見てかなりがっかりしたというのが率直な感想です。

 

東京の大手の美容室も休業する事を決めているところも出ています。

大手ヘアサロンの多くが休業を発表 緊急事態宣言を受け営業か休業か揺れる各店 | WWDJAPAN.com
新型コロナウイルスの感染拡大を受けた政府の緊急事態宣言を受け、8日発行で7都府県に緊急事態宣言が発令された。新型コロナウイルスの感染拡大に対する政府の緊急事態宣言を受けて、百貨店やファッションビルなどが当面の休業を発表したが、大手ヘアサロン各社も休業を発表した。

 

僕自身もフリーランスで美容師をしています。

僕が間借りしている美容室も愛知県なのでまだ「緊急事態宣言」が出ておらず通常通り営業をしています。

出来れば感染のリスクを避けたいので、仕事には行きたくありません。

ただ中小の美容室は大手に比べたら資金力が違うので、出来たら営業せざる負えない事もあります。

 

国が保障をしっかり出し、休業しなさいと強制的に命令するくらいで良いのではないかと個人的には考えます。

現役美容師の僕が休業するべきだという視点から理由を解説していきます。

注意喚起にもなればと思います。

 

新型コロナウイルスについては厚生労働省のホームページを見てしっかり情報を見ておきましょう。

新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)
新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)について紹介しています。

 

スポンサーリンク

美容室を休業するべき4つの理由

個人的に働いていて感じる4つの事を上げるとこんな感じです。

✅施術する距離が近い

✅施術する時間が最低でも30分くらい

✅マスク、消毒をしてても安全ではない

✅換気をしててもお店に複数のお客様がいる場合もある

 

施術する距離が近い

美容室に行ったことがある人なら分かると思いますが、とにかく美容師との距離は近いです。

人と会う時などは2メートルくらい離れて下さいと言われています。

でも施術するのにこんなに距離を保つのは無理です。

 

施術する時間が最低でも10分くらい

一番短い施術をした時でも前髪カットとの場合でも、10分くらいはお客様と接触している時間があります。

それ以外の場合なら1時間、2時間となる場合も勿論あります。

完全に濃厚接触になるのではないでしょうか。

 

マスク、消毒をしてても安全ではない

施術する美容師は必ずマスク、消毒はしています。

お客様も施術している間で可能であればマスク着用したままでも施術はします。

ただどうしても外さないとできない場合もは出てくるので、完全に防ぐことは不可能です。

 

換気をしててもお店に複数のお客様がいる場合もある

小規模の一人美容室以外、何人ものお客様が予約が重なる場合があります。

密集する危険があります。

予約をずらすことで対策は出来るかもしれませんが、すべてのお客様には無理があります。

一定時間換気を取る事をしてもこれも完璧にリスクをへ減らす事も不可能です。

 

誰もが感染したくないはず

自分が感染させてしまうというリスクを考えた事はありますか?

1人1人が意識をしていかなければいけないのではないでしょうか。

当たり前かもしれませんがこういったことを考えるべきです。

 

厚生労働省でも防ぐための事が書いてあります。

問14 集団感染を防ぐためにはどうすればよいでしょうか?

多くの事例では新型コロナウイルス感染者は、周囲の人にほとんど感染させていないものの、一人の感染者から多くの人に感染が拡大したと疑われる事例が存在します(ライブハウス、スポーツジムや屋形船等の事例)。また、一部地域で小規模患者クラスターが発生しています。
※「小規模患者クラスター」とは、感染経路が追えている数人から数十人規模の患者の集団のことを言います。
急激な感染拡大を防ぐためには、小規模患者クラスターの発生の端緒を捉え、早期に対策を講じることが重要です。これまでの感染発生事例をもとに、一人の感染者が生み出す二次感染者数を分析したところ、感染源が密閉された(換気不十分な)環境にいた事例において、二次感染者数が特徴的に多いことが明らかになりました。(下のグラフ)
こうしたことから、これまで集団感染が確認された場に共通する「1.換気の悪い密閉空間、2.人が密集している、3.近距離での会話や発声が行われる」という3つの条件が同時に重なった場所(換気が悪く、人が密に集まって過ごすような空間(密閉空間・密集場所・密接場所))に集団で集まることは避けてください。
~ 皆さんが、「3つの条件を同時に重なった場所」を避けるだけで、多くの人々の重症化を食い止め、命を救えます。 ~

 

 

自分がクラスターになり得る

たとえ感染していても自分が外出をしなければ、自分からうつしてまうような事にはならないです。

美容室も例外ではなく、営業している限りクラスターを受け入れてしまっている可能性が充分にありえるということです。

集団感染を引き起こす原因を作るべきではないです。

 

僕の住んでる愛知でもこんな最近の事例があります。

剣道でクラスター 愛知県警で新型コロナ感染拡大 かけ声で飛沫 - 毎日新聞
 愛知県警の剣道特別訓練員(特練員)の間で広がっている新型コロナウイルスの感染について、県は7日「クラスター(感染者集団)」と認定した。感染拡大を招いた背景には、換気が不十分な武道場に、複数の人が集まる剣道特有の「3密(密閉、密集、密接)」が影響しているとみられる。全日本剣道連盟(東京都千代田区)も

 

感染のリスクを下げ感染者を減らす

マスク、消毒、換気しても100%大丈夫ということはないです。

これを最小限にするんには休業してしまえば接触が無くなるので、根本的に休業することが一番だと考えます。

「経済活動ができなくなり困る」「経済が疲弊する」など言われることはあります。

でも現状とにかく感染のリスクを下げ、感染者を減らすことが大事ではないでしょうか。

その辺りは国がもっと対策を強化して、保障をしっかり出すべきです。

 

経済活動は難しい時は国に頼る

「休業した方が良い」とばかり言っていますが、自分の家計や暮らしが苦しくなることは必ずあります。

実際僕の家庭でも、外に行く仕事は極力減らしたりしていますので結構厳しい事はよくあります。

今回の政府の政策もなかなか皆さんが使える政策ではないです。

ただ基本的な使える制度などはあるのでそこは積極的に使うべきです。

困ったときに政府の制度や生活保護を利用することで不安も減らせます。

 

こちらに詳しく解説が載ってます。

コロナ問題で「生活保護」は使えるのか? 制度の仕組みと使い方を解説する(今野晴貴) - Yahoo!ニュース
今回の新型コロナ感染拡大に伴い、フリーランスの不安定性が浮き彫りになっている。しかし、現在打ち出されている支援策だけでは中長期的な生活困難に対応することができない。そこで生活保護制度を紹介する。

 

お金より命が大事

新型コロナにより「緊急事態宣言」がはつれいされましたが焦ってはいけません。

僕がなぜ休業するべきかかと言っているのはまず「お金より命が大事」ということです。

経済活動ができない事で苦しくなることは事実ですが、命を落としてしまえば全く意味がありません。

そのために今は出来るだけ外出を控え、在宅でできることをやりながら次への準備を整えるておけばいいのではないでしょうか。

正しい情報を得て行動してくことにより生活の安全、安心を確保していきましょう。

 

早くこの事態が収まりますように祈ってます。

最後まで読んで頂き本当にありがとうございました<m(__)m>

コメント

タイトルとURLをコピーしました